まちかど情報室(NHK) 話題になった商品 これいいね!

NHKまちかど情報室で話題になった商品をリアルアイムで紹介しています。

*

まちかど情報室 1月13日 お米が変身(米ゲルのケーキ、発芽玄米)

      2016/01/18

SPONSORED LINK

1月13日はビタミンEを残した精米、発芽玄米、米ゲルのケーキが紹介。
今日のテーマは(お米が変身)
お米に手を加えて普及をねらうアイデアです。

 

ビタミンEを多く含むお米

0113-1

お米の粒をよくみると黄色い部分が残っています。

黄色部分にはビタミンEを含む胚芽が残っているんです。
でも胚芽はそのままでは固くて食べにくいです。
普段たべている精米は固い胚芽部分を取った状態です。

近畿大学農学部でお米の栄養の部分を色分けして調べる装置で精米する前の玄米の状態を調べてみました。
ビタミンEを多く含む部分が赤い色に映ります。そこは胚芽の奥にあることがわかりました。
このビタミンEのある部分だけを残して精米したいとして開発された精米機が登場。
これは一粒一粒精米するタイプでビタミンEを残して精米することが可能になったんです。

食べた人の口コミは
玄米を混ぜると固さが違ったありしてこっちのお米のほうが子供も嫌がらずバクバク食べてくれます。とのことです。

精米技術で栄養価がアップしたお米がおいしく普通にたべられるということです。

 

発芽玄米が3倍多い新品種のお米

0113-2

精米してないお米は胚芽の部分が固いんです。
でも芽がでると柔らかくなるんです。

(参考商品)
0113
玄米/発芽玄米/佐賀県産の玄氣4.5kg【1.5kg×3袋】 減農薬の玄米が原料の発芽玄米減農薬の玄米

さらに、芽が出るときにギャバなどの栄養が増えます。
ストレスを下げる効果や頭の活性化に働くので有効な成分なんです。

この発芽玄米の栄養価をさらにたかめようと新な品種改良が宮城県古川農業試験場でも始まりました。
通常の玄米より胚芽の部分が3倍の大きさです。ですので栄養価も3倍あります。

TVに登場したご家庭では息子さんが学校の給食でこのお米を食べているのを知って自宅でも食べるようにしました。

普通の玄米と同じ要領で炊いています。味も香りもうよくて子供たちも喜んで食べていますとの口コミです。

 

米ゲルのケーキ

0113-3

米ゲルと呼ばれるお米の新な活用法です。

作り方は炊いたご飯を高速のミキサーでかき混ぜて作ります。
油や卵をまぜてオーブンで焼くととパリパリのお菓子になります。

今度は牛乳と砂糖を加えてみます。
するとクリームになります。

組み合わせると小麦粉をつかわずにシュークリームの出来上がり!

低カロリーで小麦アレルギーの人も食べられるので
ガトーショコラやロールケーキとしての販売が始まっています。

試食した人は普通のクリームと同じ味みたいな感じで美味しいです。

さらに米ゲルには一度含んだ水分を長期間、閉じ込めることができます。
味も匂いもなく様々な分野への応用が期待されています。

食品総合研究所のスタッフのコメントでは米の消費量が減っていますが、新しい使い方をすることで食のレパートリーを広げられます。米ゲルを素材にできたら面白いんじゃないかと思います。とのことです。

 

まとめ

和久田アナは米粉でパンやケーキを作るのは知っていましたがクリームまで作れるとはびっくりしました。とのコメント。

小山アナの説明によれば、さらにうどんや、アイスクリームまで作ることができるというおコメの変身。固さも自在に調整できるんです。

時間が経ってもプルンとした状態が続くのでケーキやお菓子の日持ちが良くなるという利点があります。いろいろな使い方で広まっていきそうですね。

米ゲルを使ったケーキはカロリーが低い!と番組内で行ってました。低カロリーでスイーツが食べられるということは甘いものに目がない女性にとって人気が出そうです。
私も簡単に手に入るようになればぜひ食べたいと思います。

次回のまちかど情報室 1月14日の予告、
手作業をしやすくするアイデアです。

SPONSORED LINK

 - まちかど情報室(1月) , , ,